2017年02月28日

祈りは世界を平和にするのか?−1

こんにちわ。智崇院 西成分院 喜連川です。

先日仏壇のお魂入れを行う為にある家にお邪魔した時に
「お経を言うと救われるのか?」と聞かれました。
私は救われません。と即答致しております。

もう題名と言い、この上のやり取りと言い
毎度 ろくなことを言いません。大変申し訳ない。

実際私は 祈りで世界なんて救えるか ばーか ばーか
と思っていました。
ここ1年ほどでしょうか。緩やかではありますが
平和になるかもなぁと思えるようになってます。

何も考えない行動と心から思う行動。
そして無意識のうちで心の籠った行動。
行動にも幾分かのジャンルがあります。

そのジャンルには宗教により提供されたものなのでしょうか。
確かに人は元々動物ですので人としての倫理を備えるまでの
過程で宗教の力が必要であったと言うのは通説的な考え方だとは
思うのですが、

 単純に 人間出来た人はいつの時代にも居たんじゃないの?
と思っています。

そう考えるのであれば 動物が動物を思う気持ちと言うのは
動物の集団にもあり、人も同様なんでしょうね。なんて考えたり
する訳です。

脱線しましたが、祈りや相手への博愛や親愛の情又は
規範的行動も踏まえ、それらは宗教や哲学、倫理がもたらした
ものではなく、元々人として持っているものなのでしょう。
と考えていくわけです。

あぁ性善説かぁと自分でぐるぐる考えてて
そこに行きついてしまった訳ですが、この性善説も性悪説も
宗教と結びつきやすい一面を持っているんでしょうけど
宗教が結び付けに行っただけで単体でも価値観として十分
成立しうる要素なんじゃないかなぁと考える訳です。

では この性善説 孟子さんが色々を述べてますので簡単に
WIKIよりご紹介をしたいと思います。

孟子の「性善説」とは、あらゆる人に善の兆しが先天的に
備わっているとする説である。善の兆しとは、
以下に挙げる四端の心を指す。なお「端」とは、兆し、はしり、
あるいは萌芽を意味する。

惻隠…他者の苦境を見過ごせない「忍びざる心」(憐れみの心)
羞悪…不正を羞恥する心
辞譲…謙譲の心
是非…善悪を分別する心

いかにも日本の道徳に影響を与えてきたかがよく分かります。
俗にいう「よくできた人」と言う人に分類される方々は
その四端をよく理解してる人が多いと言う事も言えるかもですね。

んじゃ因みに性悪説は?と考えると面白くもないので
孟子の性善説をレベルアップさせた朱子の「性即理」について
次回は触れたいと思います。

                       喜連川
posted by ぽこ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

葬儀店 いろいろ。

こんばんわ。智崇院 西成分院 喜連川です。

去年の話ですが、 ある葬儀社さまに 福祉葬を頼まれ
えっさえっさとお勤めに行ったときに
「戒名をお授けしたいのですが」と申し伝えると
「甘やかす必要はありません」と 担当者のご返事。

録音もなーんもないので証拠もありません。

甘やかすって 何なんでしょうか?
ってか 君が葬儀のお勤めするんか?

腹が立ったので自分の寺に帰り、ご遺体はなかったけど
戒名を勝手につけました。

違う話なのですが
枕経をやりやくて 葬儀社さんにお願いをしました。
うちの時間配分がずれないならどうぞご自由に。

なんやねん 時間配分って。
君らは時間を切り売りしてるんか?
葬送儀礼を大事にしてるんやないのか?

録音もなーんもないので証拠もありません。

また違う話なのですが
故人様 故人様を見守り頂く仏様にお供えをしたく申し出ると
毎回して頂けるなら良いんじゃないですか と御葬儀店。

毎回するけど、そこか?と。
録音もなーんもないので証拠もありません。

もう 故人様への尊厳 ご遺族様の想いをきちんとくみ取れる
葬儀店様にうちの本堂 無料で解放して葬儀やって貰うわ。
と去年ぶち切れておりました。

お坊さん 怒っちゃいけないけど、これ怒っちゃいけないなら
もう坊さんじゃなくても良い。

でもね、救いありました。
ある葬儀店のマネージャーさんが 枕経をもっと大事にするべきだ
と言って頂けたんです。お金の問題じゃなく伝統を守っていく問題
もあるし、ご遺族様が何より救われることが大事なんだと。

その葬儀店さんは 大阪では大手の互助会さんです。
同じ大手でもこんなに違うものかと・・・。 感動です。

西成と言う地域でうちの寺が出来る事色々ありますし
色々まだ足りない事だらけです。

人を人として弔う事に こんだけ障害があるのも事実です。
まだまだやる事だらけ。

頑張っていきます。

                 智崇院 喜連川



posted by ぽこ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。