2016年03月16日

生きてる事は苦なのか

こんばんわ。智崇院(ちそういん)西成分院 喜連川です。

昨日は某ポータル系葬儀のお坊さん勉強会の講師をしてきました。
うん。久しぶりに人の前で話すと緊張しましたね。

それで今日はおばあちゃんの付き添いで病院に。
その後、打ち合わせの途中に知り合いの花屋さんのところに
立ち寄りました。

そこで生きている事は苦なのかという話題になったのでご紹介を。

生きてる事は苦なのか。
答えは簡単。「自分で決めてください。」

えっ・・・・。

本当にすいません。

いえ・・だって・・・決めるの自分ですもん。


そもそも人間は無を恐れます。
その癖して、有を持ったら持ったらで手に余る人も多いようで。
って書いちゃうとどっちやねん!って話になるんですが・・。
でもこの話って物体の話じゃないんですよね。
精神的な問題なんです。


と言うと・・・?って事なのですが
人間には役割と書くと語弊があるかもですが、
生まれた事自体に人に影響を与える力を持ちます。

ええ、赤ちゃんが おぎゃーと泣けば
母は乳を与える為に動きます。

分かりやすく言えばこれも影響です。

影響を与え 影響を受け と言うのを知らない間に
人って行っているんですよね。
ええ、人に限らずこの世の中の物は全てそうなのかもしれません。

例を示します。
PCでVRAMは独立していません。でもVRAMは自身で自身の
仕事を全うしようとします。でも電源切られたらVRAMは動きません。
CPUも連携するメモリもVRAMに電気信号を送らなければ
VRAMは活動しません。

えっ・・・ややこしい?・・・・

うーん じゃぁ人間の内臓にしてみましょうか。
胃は 確かに胃の仕事があるけど、腸やら食道と繋がっていて
独立しているようで独立していないもんです。

うん、これなら良いでしょうか。
個人主義的な格好の良い 言い回しで 俺は俺なんだ!的な
言い方をなさる御仁も増えましたが
乳を与えるもの
教養を与えるもの
が居たから 一人前にそのような事を言える訳です。はい。

人間関係に疲れた人が 「お前はお前なんだ!それで良い!」
と言われれば救われることもあります。

ええ、結局、個のようで個で無く、面のようで面でなく。
人というのはそういうものかも知れません。


体の機能を例に出しましたのでついでに例を追加しましょう。

その名も「悪性腫瘍!」
ええ はっきり言って現段階の医療社会では嫌われ者です。

追加!その名も「口!」
ええ、無いとめっちゃ困ります。

他の機能に悪い影響ばっか与えている人が居たら
そんな人との関係はあまり持ちたくないものです。
手術して切り離すようなもんでしょうね。

口! ないとめっちゃ困ります。
口は舌でいろんな恩恵を与えますが、与えた影響が
自分に戻ってきます。口を通じて食物を摂取します。
それで人間の機能は維持される訳ですしね。
なので口の機能も維持される訳です。

ええ、すいません。相変わらず長いですよね。

ええ、自身で決めてくださいと言いました。
悪性腫瘍になりたい人はなれば良いんです。
自分が生きて生かされたい人は口になれば良いんです。
(※悪性腫瘍の原因は食物じゃないか!なんて突っ込みは無しで!)


人と人のつながりも そんなもんです。
そんな中で悪性腫瘍の役割しか見いだせない人は
そりゃ苦しかないんでしょうね。
そんな原因しか生んでないわけですから自ずと
そんな結果を享受するのみになります。

生きて生かされるならそれなりの結果を享受するんでしょうね。


地球を考えてみてください。
ある程度の道理ならこれで説明がつきます。

余談ですが。。。じゃぁゴキブリは?
彼は人を中心に考えるとそりゃぁ害虫ですが
食べ残された動物の死骸を食べてくれます。
そのゴキブリを食べる動物もいます。
ええ そう考えると立派に食物連鎖の一員ですよ。
立派な役割です。

人は文明を持ち感情を持ちます。
故に色んな影響力を持ちます。故に色んな役割を地球上で担います。
その自身の役割を人は意識的に放棄出来ても完全に放棄は出来ない
ようになっている模様です。

ならその役割をよりよく生きて生かされで楽しめる人は
自ずと生きている事が楽しくなるんでしょうね。

目標?目的?じゃないんですよ〜。
生きざまです。

なので決めていきましょう。
頑固にならない程度にね!

posted by ぽこ at 23:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リアル、今回は母のお墓の件で
大変お世話になって居ます前田です。
生きていることは苦なのか?
これまたリアル悪性腫瘍と戦っている
私にとって直球すぎる問題です。

今、言えるのは生きていたからこそ
母をおくることが出来た。これに尽きます。
細やかなことしか出来ていませんが
母の穏やかに眠った顔は私の心に焼き付いています。

御住職様
今後とも末永くよろしくお願い致します。
Posted by 前田 at 2016年03月25日 22:16
前田さん
ブログ対応が滞っておりレスが遅れて
申しわけありませんでした。

生きてる事は人に何かを出来る事が
最大の喜びあります。

お母さんが穏やかな顔でご永眠なさって
いたのであれば、お母さんはしっかり
「生きられた」のだと思います!

「生きられた!」と言う思いは一人で
なせるものでもなく、ご家族の温かい気持ちが
あってこそです。

そのご家族のお気持ちにしっかり応える事が出来るように日々供養に邁進してまいります。
Posted by at 2016年05月23日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。