2018年01月29日

生き地獄3

こんばんわ 智崇院 西成分院 喜連川です。

少し復習です。

その1では 利=己の怖さを。
その2では 適正な利であれば 利=己に非ず。

と書きました。

利己たる人間は どのような規則も考えも
己の奥底に眠る利己の為に見せ方を考え
結果をうまく調整できます。

なので法律で罰せられる事はありませんが
宗教は結果に至るまでの動機の純粋性を
問い、間違えていれば罰が降りかかります。

この罰を今回のテーマ、生き地獄と呼んでいます。

その見せ方の破綻例を書いて行きたいと思います。

1.言動の整合性が取れず自爆するパターン
2.本物と対峙した際の猜疑心により自爆するパターン

です。

1.言動の整合性が取れず自爆するパターン

これはこのブログでも何度かご紹介している事です。
人間、行動では嘘をつけないという事です。
どんだけ、上っ面で良い事言っていても
自身の利が崩れかけた時に分かりやすい位本性が出たり
心に無い行動を長く続けていてもボロは出る訳です。

2.本物と対峙した際の猜疑心により自爆するパターン

これは見せ方上の善人ではなく、本物の善人に
出会ってしまった際に、崩れて行きます。

「自身の利の為の見せかけの善意を持つ人」が
「純粋な善意を持つ人」を見た時に・・・・・

善意などは自身の利の為の一種の見せ方であり、
純粋な善意などは存在しない。と言う前提で人を見る。

この時に
・この善意の対価はなんだろう?と猜疑心に陥る。
・この人間の利とするところはなんだろう?と猜疑心に陥る。

この猜疑心により、本来、無であるものを無理やり有として
考えようとする以上、答えなどは出ない悩み苦悩に陥る事に
なります。

なので「そんな人はいる訳がない」と居る人の事を疑い続けます。
そして見せ方が時間と共に崩れていきます。

ええ、善人ぶった利己主義者は
 24時間365日善人「ぶれません」ので剥がれます。
偽の善人なので本物の善人を理解出来ず、対峙した際に
混乱を生み。メッキが剥がれる速度を速めます。

利己が当たり前でそれを偽善で覆い隠した人は
利己である事がばれるのを極端に恐れます。
恐れないなら 偽善で隠す必要などそもそも無い
訳ですから。

そうなると、もうばれた時なんてまさに
生き地獄なのでしょうね。

これを書いてて、頭にある漫画のキャラが出てきます。
デスノートの悪役の人ですね。あんな感じの人です。

策をろうしたところで 元が悪いので大した策になってないという・・。
あれは本当に可哀そうな人ですよね。

今回は 適正でない過分な利を持つ人がよく行う
偽善(見せ方)が剥がれて生き地獄な話をしました。

次回は利と環境の相関性に触れて行きたいと思います。

                  喜連川 拝
posted by ぽこ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。